忍者ブログ
。。。。。根岸絵美と申します。。。。。
[76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、殆ど全ての問いに対して
私はイエスノー答えを両方持っていることに悩む。

「俺はこうなんだ」
と、はっきり答えられる人、凄い。
でも、それ本当?
表も裏も内も外も善とか悪とかも
考えていたらある地点で逆転していたりして
そうすると問い自体ももう意味が分からなくなってくる。
より大きなパーセンテージを持っている方角を
自分の答えにすればいいのか?
でもマイノリティが実は巨神兵を持っている予感もあるから
おいそれと答えられない。
嘘になる気がするし、なんか気持ち悪い。

しかし、世の中イエスノーを求められることばかりです。
参ったぜよ。
例え答えを見つけていても、その答えまでの階段が数段抜けていたら
その答えを口に出来ない。
演劇なんて、特に。
もう、最近は台詞ってなんだい?稽古ってなんなんだい?
演じるって、なんなんなんだい?です。
スタートの質問に先ず、迷子になる。
「あなたはなぜ芝居をしているのですか?」
私、永久にうまく答えられない気がする。
というか、これは最強の質問なのではないだろうか?

イエスとノーって、別物なんでしょうか?
男と女だけど人間だよ みたいに
実は最終的には区別が効かないんじゃない?
もー。
あれあれ?
試験受けたら絶対落第だわー。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
面白いからじゃだめなのかな。
ただの 2011/01/09(Sun)22:02:02 編集
無題
いや、最近はそれが最強な答えかな、と思ったりします!
それをうまく言えない私は、何に引っかかってしまうんだろう?
ねぎ 2011/02/09(Wed)01:20:55 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
●今後の活動●

+++舞台+++
フリル

アマヤドリ第0回公演
フリル
作・演出 広田淳一
2012年9月8日~17日
王子小劇場


詳細


ご予約


++++++その他+++++
映画

1gramix.
2012年2月公開



*rism 1st写真集
『Prism』
発売中
カテゴリー
最新CM
[04/08 ねぎ]
[03/25 通りがかりのおっさんです!]
[03/25 RazorEdge]
[03/25 通りがかりのおっさんです!]
[03/25 通りがかりのおっさんです!]
最新TB
HN:
根岸絵美
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]